« 大井町にスターバックスがもうすぐオープン | トップページ | ある告別式に出席して »

2002年1月31日

日記1ヶ月継続!

 つい先日年が開けたと思いきやもう1月も終わりである。
ということは1月1日からこのAlcohornistDiaryが始まっているわけだから
ちょうど一ヶ月続いたことになる。

 日記と言えば小学生3年生から4年生の終わり頃まで2年間近く、
中学2年の時に半年ちょっとくらい書いていて、今回は3回目の
チャレンジになる。

前回2回と今回の決定的な違いはクローズドなのかオープンなのか
ということである。

ネットで公開されているこの日記は誰が読むかわからないし内容も当然
制限されることになる。前者が日々の行動なり想いを綴ったものを記録
しているもので、読み手は原則将来の自分しかいない。

日記サイトの場合は、自分の発信であって、意識しようがしまいがそこ
には受け手の存在がついて回る。

従って個人が特定されるような書き方、特に攻撃したり傷つけるような
類のことは書けない。本来人に言えないことや想いを「王様の耳はロバ
の耳」とばかりに遠慮無く書くことができるのが大きなメリットのはず
が出来ない。

ましてや嫁さんまで読む可能性が有るとなれば「今日は○○子とデート
して楽しかった」とか、「あのときあの娘と結婚しておけば良かった・・」
などとは仮に実現したり一瞬想ったとしても書けるわけが無い。☆\(--;)
その意味では窮屈である。(^^;

反面、オープンであることでサーチエンジンで私のHPに初めて来た人や
こっそり(?)見ている意外な友人から「いついつの○○の日記が面白い」
とか「○○については同感!」のような共感メールも数多く頂き、以前の
日記とは全く違う楽しみができて、この部分に関しては非常に楽しくやり
がいがある。(^^)

はじめは日記公開しているのをなぜ他人が見に行くのだろうと不思議で
あった。まだもの珍しいうちは半分覗き見的な部分がかき立てられて
というのが多かったのではないだろうか。

それが誰もが公開するようになってくると皆がエッセイスト化(?)して
受け手側は自分と共感する人や感性を求めて読むようになっているようだ。
勿論本能に近い覗き見感覚が厳然と存在しているのは事実だろう。

私も週に一度は見る日記サイトが2桁になろうとしている。Niftyを始めた
頃は、面白く充実したフォーラム(会議室)が求められていたが、個人レ
ベルの発信が求められるられるようになってきたのであろう。

【以上】

|

« 大井町にスターバックスがもうすぐオープン | トップページ | ある告別式に出席して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記1ヶ月継続!:

« 大井町にスターバックスがもうすぐオープン | トップページ | ある告別式に出席して »