« お手伝いは二人で | トップページ | »

2004年10月21日

人間ドックは通知表をもらう気分

勤務先では年一度の健康診断は配偶者も受けさせてくれる。この日台風の 中、朝早くから夫婦で鶯谷の病院へ。人間ドックの様子はこちら

★この人間ドックは以前はかなり時間がかかっていて8時に始まる午前の 部もお昼ぎりぎりかどうかすると過ぎることもあったのだが、数年前から がらりと様子が変わる。

前は10人ごとに順番に受けていったのだが、今は10人ごとの組み合わせで 一番効率の良い検診の仕方という流れができているらしく、11時前にはす べての検診が終わるようになった。

ボトルネックを調べてオペレーションマネージメントを構築するようなプ ロのコンサルタントが入ったことが容易に察せられる。 だいたい無機的な職員の対応もがらりと変わり、内装の雰囲気も明るくな るなど医療系でありながらも顧客満足度を上げようという意気込みをひし ひしと感じられるようになったのは非常に良い傾向だろう。(^^)

★待合所のテレビではヤンキースとレッドソックスの第7戦を放映してい るが、4回で8対1と敗色濃厚。もしヤンキースが勝てば松井の優勝決定 戦シリーズMVPがほぼ決定だっただけに残念。(^^;

★・・・なんてテレビを見たり本を読んだりする合間に検査はどんどん進み、 最後にバリウムの胃検査。何度やってもあまり良いものではない・・・。(^^;

10時半過ぎに全検査が終了して30分ほどして一人一人個室に呼ばれて 先生から検査結果を渡されてコメント。見るまではどきどきして小中学生 の頃の通信簿をもらうような感覚が蘇る。 結果は全数値が過去3年分記載されているのだが、果たして結果は・・・、

「30代後半にしては素晴らしい結果ですね。中性脂肪もコレステロール もガンマGTPもすべて昨年を下回ってます。他の項目もまったく問題 ありません。この調子で来年も健康維持に努めてくださいね。」\(^o^)/

同僚ががんがん再検査で引っかかる中、申し訳ない気がしないでもないが 何はともあれ健康なのが一番。 今後も食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、かつがんがん遊びなが ら検査項目オールAを維持していきたいものだ。☆\(--;)

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

|

« お手伝いは二人で | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115464/6456633

この記事へのトラックバック一覧です: 人間ドックは通知表をもらう気分:

« お手伝いは二人で | トップページ | »