« YSE執行部会:次回の選曲 | トップページ | 鳴門の食を満喫! »

2007年2月26日

飛行機はCA差し向かい席o(^^)o

今週は出張週間。
昼過ぎまで本社に出て、15時過ぎに会社を出て1月初旬の3連休に来て以来の鳴門へ一泊出張。

明日は鳴門で仕事で、水曜は兵庫、そしてその夕方に仙台へ直接飛んで木曜は仙台で仕事・・・というハードスケジュール。(^_^;

★さて、ラッキーだったのは、徳島行きの飛行機は窓側、それもスチュワーデス(・・・って死語か(^_^; )もとい、CAと差し向かいの席。

夕暮れの富士山も綺麗。これを眺めないと飛行機に乗った気がしないな。(^_^;

★私はJALに乗ることが多いのだが、何度か飛行機に乗っていて気になることがあった。

全員乗客が乗った後、また着陸後完全に飛行機が止まったときにCA向けのアナウンス。

(1)「客室乗務員はドアモードをマニュアル(orオートマティック)にしてください」というのと

(2)「客室乗務員はドアモードをアームド(ディスアームド)にしてください」という2種類がある。

しかも同じ路線(多分・・・)で違ったりするからなんだろうと思っていた。

★この日は丁度、スチュワーデスさん、おっとCAと差し向かい席なので、訊いてみた。

・・・という口実で話しかけたというツッコミは無しで・・・。(^_^;

最初はCAも分からなかったらしく、わざわざ内線で訊いてくれているし・・・。

すると答えは「機体がボーイングだと(1)、エアバスだと後者(2)」だそうだ。(@_@)

★ちなみにJALはJASと合併したのだが、このCAはJAS出身(?)とのこと。そして
「JALとJAS出身のCAで用語も違うんですよ」なんて教えてくれる。

例えばCAを呼ぶボタンをJAL出身は「コールボタン」、JAS出身は「パスコール」とか。

「『パス』って何のことですか?」と訊くと、パックス(客)の略語だとか・・・。

★さらには席のアルファベットも聞き取り間違いを防ぐための呼び名があるのだが、これも違うのがあるらしい。

『A』は『アルファ』
『C』は『チャーリー』
『D』は『デルタ』
『E』は『エコー』
『F』は『フォックス』
『G』は『ゴルフ』と呼ぶのは共通らしいが、

『B』は『ブラボー(旧JAS)』と『ベーカー(旧JAL)』
『H』は『ホテル(旧JAS)』と『ハウ(旧JAL)』
と異なるらしい。

★機体もボーイングはJAL系が主流、エアバスはJAS系だったらしく、大まかにはCAもそれで分かれるとかで、場合によって、辞令が出て違う機体に乗るセクションになると、またその機体に合わせた講習をうけないといけないらしい。

最近は少しずつ混ざることが多くなってきたが、別にどちらも自分たちが使い慣れていた言葉を使っていても相手の言うことは分かるので特に不自由はしないとか。なるほどね・・・。

あとは、客席の担当範囲の動き方も違うらしい。

・・・なんて話しているうちにあっという間に徳島空港に着いてしまったのであった。(^_^)

ちょっとラッキーだったな。

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

|

« YSE執行部会:次回の選曲 | トップページ | 鳴門の食を満喫! »

コメント

ドアモードの違いは会社ではなく機種の違いではないでしょうか?ボーイングでも777はオート マニュアル 737はアームド ディスアームド だった気がします

投稿: | 2014年4月 7日 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115464/15804946

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機はCA差し向かい席o(^^)o:

« YSE執行部会:次回の選曲 | トップページ | 鳴門の食を満喫! »