« 平成19年度小P連第一回会長会 | トップページ | カペレ本番まで一週間 »

2007年6月16日

小中一貫校「伊藤学園」開校記念式典

品川区では小中一貫教育制度を設けていて、小中学校が連携をとって一貫教育をしているのだが、小学校と中学校を合併して校舎も新築した小中一貫校を昨年から毎年一校ずつ開校している。

昨年の日野学園の開校に続いて2番目となる伊藤学園の開校記念式典が開かれ、それに招待されて出席してきた。

★伊藤学園は区立原小学校と区立伊藤中学校が一緒になってできたのだが、どちらも長い歴史を持ち、合併にあたっては原小、伊藤中どちらのOBからも名前が消えるのを惜しむ声が多かったらしい。

午前の記念式典後、午後の立食パーティまで時間があるので、学校見学をしたのだが、この小中一貫校にはものすごいお金がかけて建てられている。バスケコートが3面取れる体育館、直線で100m取れる廊下、地下2階から地上5階まである豪華な校舎・・・と区立校とは到底思えない造り。

★特に圧巻は屋根が開閉ドーム式となっている温水プール。しかも小1から中3まで使う学年によって水深を自在に変えられる仕組みとなっている。地域にも開放されているのは喜ぶべきことだが、それにしても他の区立校とのかけ離れた差は何なんだ・・・と痛感させられる。

PTA室もうちの学校の3倍以上の広さをもち、冷暖房完備の快適環境。学校選択制もあることだし、思わずここへ通わせようかと・・・☆\(--;)
実際は、入学時には選べても、途中の転校は基本的にはできないが。(^_^;

★小P連の会長仲間もほとんどが揃って出席。ホスト役で大変だった伊藤学園のG会長をみなでねぎらう。また中学校側のK会長は、一昨年まで原小の会長をされていた。私とは同じブロックとして、いろいろ教えていただいた方なのだが、今回はスピーチの大役も立派に務められていた。(^_^)

立食パーティも周年行事とは予算も相当違うと思われるのだが、料理も豪華、そしてアトラクションも見事なパフォーマンスが繰り広げられ、至れりつくせりで楽しませてもらう。

★最後に会長仲間で記念撮影。この後もさらに2次会になだれこみそうな勢いだったが、私はこの後来週本番を控えたカペレのリハが新宿であったため、一足先に失礼させていただいて練習へ向かったのであった。

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

|

« 平成19年度小P連第一回会長会 | トップページ | カペレ本番まで一週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115464/16327855

この記事へのトラックバック一覧です: 小中一貫校「伊藤学園」開校記念式典:

« 平成19年度小P連第一回会長会 | トップページ | カペレ本番まで一週間 »