« 2009年2月 | トップページ | 2013年11月 »

2009年3月27日

小P役員会間に合わずとも飲み会はしっかり!o(^^)o

出張から帰ってきて、中野で仕事。
19時から品川区小P連の役員会があり、今年度&来年度の役員が集う。

私も遅刻で出られるはずだったが、出張後にさらにもう一軒の仕事は無理があったのか、大井町に着いたのが20時過ぎ。それからタクシーを飛ばしてO小学校へ。

ところが、ちょうど到着したときは、まさに役員会は終了したところ。
しかもこれから大井町へ飲みに行くと言う。
だったら、大井町で待っていればよかったか・・・(゚o゜)\(-_-)

★そのまま大井町まで出たのだが、年度末で歓送迎会ピークの金曜日、しかも給料日明けということで、どこもかしこも満席。

100席以上の居酒屋が入っているビル街でもことごとくダメ。
ようやく一軒見つけて13人で入る。

もっともここも超満席で、オーダー入力ミスはあるは、なかなか来ないはで・・・。(^_^;
しかし、こちらはそんなことも気にせず(?)ハイテンションで盛り上がったのであった。

そしてさらに近隣の会長仲間5名で私のいきつけのNeonFishへ。
この時間に行くのは無理があったのだが、ちょうどお客さんの入れ替えの時間で、運よくは入れたのはラッキー。飲んで語り、本当jに楽しい時間を過ごしたのであった。o(^^)o

【以上】<a href="http://www.mmm.ne.jp/~joker/" target="_blank">http://www.mmm.ne.jp/~joker/</a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日

浜松の夜

この日は岡崎から浜松まで戻ってきたのが20時前。
ホテルのロビーで、ラスカル氏&すけぴょんさんがすでに待っていてくれていた。
彼らとはこの浜松の結婚式以来一年半ぶりくらいの再会になるのか・・・。

そして連れて行ってもらったお店は「香炉」
http://www.wr-salt.com/kouro/home.html

雰囲気からして、美味しそうなオーラを感じるようなお店。
まずはビールで乾杯した後、お勧めの刺身盛り合わせに始まり、竹の子料理、ほうれん草の牛肉巻きなど、美人女将お勧めの逸品を堪能する。

日本酒の品揃えもこだわりを感じるものが多く、料理の美味しさと話の楽しさもあって、酒もすいすい進んでしまう。

★ラスカル夫妻とも久々のはずなのだが、ちょっと話しているといつも会っていたような気分になるのは、mixi効果も大きいのか・・・。(^_^)

もっとも「この間さあ・・・」なんて話が、昨年くらいの感覚で話していたのが、実は四年も前のことだった・・・なんていうこともしばしばあるところが、時間の流れを感じさせる。
特に奏が1年生のときにラスカル氏と一緒にドッペルコンチェルトのソロをやったなあ・・・なんて話をして、改めて5年以上経っていることに驚かされたり・・・。

すけぴょんさんとは、2-3度しかお会いしていないのだが、こちらもmixiのおかげかずっと昔からの仲間のような感覚。今回ゆっくりお話させていただけたのも楽しく貴重な機会であった。

楽しいひと時と、美味しい料理に酒に、そしてホテルまでの送迎まで本当にお世話に鳴りっぱなしで感謝・・・<(_ _)>
次回の(?)東京ラウンドでは、しっかりホスト役を務めさせていただきますo(^^)o

♪♪♪

今日は豊橋で仕事して、夕方に新幹線で戻って中野でもう一仕事。
明日も仕事・・・。
29日だけはようやく休みなのだが、午前中はPTA役員会、午後はPTA&学校共催のお花見
、夜は本年度PTA役員の打ち上げ会。

GWまでは一気に駆け抜けなくては!o(^^)o

【以上】<a href="http://www.mmm.ne.jp/~joker/" target="_blank">http://www.mmm.ne.jp/~joker/</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日

卒業式の来賓祝辞(PTA会長祝辞)

昨日の卒業式で、来賓祝辞としてPTA会長の祝辞があった。
ブログをやるようになってよくメールをいただく。

「PTA会長の祝辞はどうしたらよいのですか?」
「何を参考にしているのですか?」
「自分の言葉で話すにはどうしたらよいですか?」

・・・(-_-メ)

インターネット時代になっていろいろ調べるのは良いだろう。
私はスピーチは自分の言葉で!という主義なのでネットで検索などはしないのだが、スピーチをほとんどしたこともない人がしなければならなくなって、藁をもつかむつもりでネットに頼るのは仕方ないか・・・。

私の場合は、基本の話すことだけ決める。
あとは、場合に応じたフォロー、すなわち卒業式なら自分のスピーチの後に教職員へのお礼、地域へのお礼、保護者へのメッセージなど・・・。

構成さえ決まればそれほど難しいものではない。

★メインスピーチは言いたいテーマを決めてそれを最大3つのカテゴリで集約する。
スピーチにおいて言いたいことは最大3つまで。4つ以上は誰も覚えてくれない。

ある言いたいテーマを実現するのに3つを守ってください、みたいな感じで構成すればよいのである。

今回の祝辞もはっきりメッセージを出したことで評判が良かったようだ。
いずれにせよ、スピーチをしなければいけないから話すのではなく、言いたい事を子どもたちが理解できるように話すにはどうしたらよいかということを意識することで結果的に良いスピーチになるらしい。(o^-^o)

次回また話す機会があったときも頑張ろうo(^^)o

【以上】<a href="http://www.mmm.ne.jp/~joker/" target="_blank">http://www.mmm.ne.jp/~joker/</a>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日

感動の小学校卒業式

この日は卒業式。
結局祝辞はあまり練りきれなかったのだが、レジュメ(?)だけ作成できたのであとは本番でどうにかなるだろう・・・。

朝、学校に行き、PTA室に寄ってお祝い金を会計から受け取って改めて玄関で来賓として受付と記帳を済まして校長室へ。

教育委員長や区議さんらとお話している間にいよいよ開式時間近くとなり体育館へ。
卒業生保護者でありながら来賓という微妙な立場での出席だが、もう慣れたな・・・。

★そして開式。
五年生の威風堂々の演奏で卒業生入場。
君が代斉唱の後、卒業証書授与。

来賓席の一番前なので、どうしようかと思ったが、娘のときだけは、こっそり(?)デジカメで撮影・・・ってバレバレじゃん!という突っ込みは却下・・・。(^_^;

★娘も無事卒業証書をもらった後、校長先生の式辞、そして来賓の祝辞。来賓祝辞は教育委員長があってその次がPTA会長挨拶。

校長式辞と来賓祝辞で気をつけることは、かぶっていることがあるか、ないか。もう一つはその式辞や祝辞の中でちょこっと自分の祝辞に入れられるものがあるかどうか。

私は祝辞の原稿はレジュメ程度は作るが読まない。スピーチも予定したものをそのまま、というより、もし取り入れられるなら「先ほどの校長先生の祝辞でもあったように・・・」なんて形でちょっと引用して自分の祝辞につなげられる部分があるとなお良かったりする。

★今回の祝辞は、「個を高めること」と「チームプレー」ということについての話。
ちょうど校長先生はノーベル賞、教育委員長はWBCの話題を出されていたので、それを受けて、個人の能力を高める努力と同時に、周りの人とどうやっていくか、集団の中で自分の個性をどう活かしていくか、そのことがチーム(集団)のためにどれだけ貢献できて、ひいてはそれが自分のプラスになっていくか・・・などをくだいて話す。

学校からは3~5分でと依頼されていたのだが、今回は3分半くらいだったかな・・・。

★その後「希望の詩」と称して、皆がそれぞれ小学校の思い出を語っていく。 そしてその合間に合唱が入ってくる。

巣立ちの歌、最後のチャイム、仰げば尊し、さらに3曲くらい、これでもか・・・という旅立ちや卒業に関する歌などが挟まれる。それも音楽に力を入れている学校だけあって、すべて2部以上の合唱曲になっていて、それが上手い!

さらにその合間に5年生の送る言葉や合唱が入り、感動的に盛り上げられていく。演出もだが、この合唱が感動と涙を誘うんだよな・・・。

また児童が感極まって涙が溢れ出し、それが回りにあっという間に広がっていくのだが、この泣きながら歌っている姿がまた涙を誘い、先生や保護者に伝染していく。

私も泣くかな・・と思っていたが意外にも涙は出ず・・・。娘が入学して以来のさまざまな懐かしい思い出に浸ることができて本当に感動的で心地よい時間だった。

★式典終了後、私は来賓の方々の接待があり、その後、体育館に戻り、クラスごとの児童と保護者、教職員の記念撮影。

その後、校庭で在校生、教職員、保護者でヒューマンアーチを作って、卒業生の見送り。最後に校庭で解散会があり、長い半日が終わった・・・。

もっとも終了後も校庭ではクラスメートはもちろん、担任の先生や、元担任、校長先生との記念撮影大会が始まり、なかなか解散する様子もない・・・。

私も、せっかくなので妻と奏で3ショット。 4年生以下は休みなので、美音は家で留守番だったが・・・。(^_^;

★お昼をはさんで、午後は私はPTA役員会。奏は17時から卒業パーティがあり、その後さらにお母さん方の引率付でカラオケの2次会があり、帰宅は21時半ごろ。
朝早くから夜まで、盛りだくさんの思い出に残る一日だったようだ。

★祝辞でも述べたのだが、子供が入学する6年前を思い出すと、よくぞ子供がここまで成長したな、と思う一方で、6年間子育てしたということは実は親が6年間育てられていたのだな、と改めて実感させられた。

子供だけでなく、親にとっても感慨深い一日となったのであった。o(^^)o

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日

スチュワード? ~男性客室乗務員~

飛行機のイメージの代名詞でもあるスチュワーデス(・・・ってすでに死語か)が、客室乗務員とかキャビンアテンダント(CA)とか言わるようになって久しい。

性差別の撤廃に伴って(?)国内線でも男性CAが採用という話は聞いていたが、出張で飛行機を使うことが多い私でも男性CAに今まで遭遇(!?)したことがなかったのだが、ついに自分の目で実際に見ることができた。

自分の固定概念として、CAは女性という頭があるので、いざ男性に応対されると新鮮と言うか違和感があるというか・・・。(^_^;

もっとも国際線では、以前から自分が乗った機に男性CAがいたことも多く、それほど違和感もなかったことを考えると、これも慣れの問題で、普及にしたがってなんとも思わなくなるのだろうな・・・。

★ただ実際問題として個人的には、やっぱり女性が良いな、と思うのだが、これも一歩間違うとセクハラ、もしくは性差別発言になってしまうのかもしれないな・・・。(^_^;

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日

高尾で初鶯 ~ 抜群の"ニンジン"効果

三連休の最終日も仕事で、8時半過ぎには高尾へ着いて、この日は某私学高校の工事立会い。東京ととはいえこのあたりまで来ると、都内とはまったく景色が違う。

学校の駐車場で車を降りると、圧倒的な木々の匂いに癒される上、なんとうぐいすの泣き声が聴こえる!私にとっては今年初うぐいすの声だ。o(^-^o)(o^-^)o

普段都会の喧騒の中にいるので、たかだか鶯の声ひとつで旅行にでも来た気分になれるのは良いのか悪いのか・・・(^_^;

★ふと窓の外に目をやると見事な人工芝のグラウンドで、高校生たちがサッカーの試合をしている。室内は工事とはいえ、本設置工事の前の配線関係だけなので、音が出るわけでなく本当に静か。

建物には、施工業者さんとしょっちゅう一緒に仕事をしている某メーカーの技術のM氏と私の3人だけ。おととい結構仕事を片付けてしまっているので、今日はこうしてブログを書いたりする余裕もあるほど暇だ。

ここは午前中で終わるのだが、この後M氏と中野へ移動して、また別の設置工事の立会いに行く。

★もっとも来るときは、首都高速の新宿出口は東京マラソンの影響で高速の降り口が封鎖(?)されていた。

そして帰りにはその影響かえらい渋滞で、5kmが50分とかふざけた状態なので、調布から高速を降りて下を走らざるを得なかった。

せっかくのイベントだし、知り合いも出ているので盛り上がってほしいが、こうして仕事をしている身にとっては、その交通規制の影響などは結構迷惑だったりするのだが、ま、仕方ないか・・・。東京マラソンもどうせやるのだから、事故なく盛り上がってほしいものである。(^_^;

★娘たちは、友達と11時頃から品川プリンスへ映画「ヤッターマン」を観にいって、その後ボーリング。

最初に「行っても良い?」と奏にせがまれたときの条件が、三連休きちんと自分でおきること、言われずにバイオリンの練習をやって勉強も済ませて、洗濯物たたみや、部屋の片付けをきちんとやること、などをクリアしたらという条件をつけておいた。

普段だったら絶対どれか欠けるのだが、この日の「ニンジン」はよっぽど効果があったらしく帰ってきたら全部終わった上に帰宅したら完璧に片付いていたのには驚かされた。

友達との遊びにもかかわらず美音の面倒も見て一緒に連れて行ってくれたし。これなら毎週でも出かけて良いよ!とうっかり言いそうになったが、良く考えたらそのたびに映画代やボーリング代をせがまれるのはたまらないな・・・(爆)

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日

至福のヘアマッサージ

午前中は美容院。
普段ニューヨークで仕事していて隔月で帰国されているヨシさんに、家族全員カットしてもらっている。

カリスマ美容師(!)のヨシさんが日本滞在中に契約している美容院は土曜日は池上店、日曜日は自由が丘店となっていて、この日は池上店でのカット。

★この美容院の売りの一つに、シャンプー&トリートメントの後のヘアマッサージがある。この約10分間が至福のとき。

ある意味カット以上にこのヘアマッサージが楽しみといっても過言ではない。美容師さんにやってもらうシャンプーも気持ち良いが、このヘアマッサージはまたさらに別の次元の気持ちよさ。

時々、自分でも真似して自分の頭をやってみるのだが、プロの技とは当然ながらかけ離れている。もっとも美容師さんたちも、シャンプーにしろ、ヘアマッサージにしろ、自分でやるより人にやってもらった方が気持ちよいらしい。なるほどそういうものか・・・。

★考えてみればヨシさんにお世話になりだしたのは、12年近く前で、奏はまだ1歳になるかならないかくらいだった。まだ自分で高椅子にじっと座れるか座れないかくらいの頃からこんな方にカットしてもらっているのだから、恵まれているというかなんというか・・・。

今や奏はともかくとして、美音ですら「後ろのボリュームを減らしてください」とか、「前髪はまっすにそろえないでギザギザ(爆)にしてください」とか一丁前の注文をつけているし・・・。

奏は来週卒業式なのでちょうど良いタイミングで、ヨシさんも気合を入れて(!)カットしてくださった。ヨシさんが子供の髪をカットするのはかなり レアなことらしく、他のスタッフも奏と美音をカットしてくださるときは、手が空いている人は見学しにきているし・・・。(^_^;

★とりあえず私は、これから暑くなるので少し短めにしてもらって結構さっぱりした髪型にしてもらった。ちなみに予約も簡単に取れないのだが、普通 のお客さんは2ヶ月後の予定を決めているようなのだが、私の場合は予定が先まで分かっているので、いつも行ったときに4ヶ月先、すなわち今回は7月の予約 を入れていただいている。
 
こうやって今の段階で空きが分かっているところに入れてしまって、これから後で決める予定は仕事も含めて(?)、すでに決まっている予定を避ける ようにスケジューリングしているので、忙しい方にもかかわらず選ぶ余地があるし、最悪2ヶ月前に変更できることもある。(^_^;

おかげで、この爆忙生活の中、いまだにどうしてもどうにもならなくて予定をキャンセルしたのは12年間で、ただ一度だけだ。(^-^)v

いつまでお世話になれるか分からないが、できる限り通い続けていたいものだ。o(^-^o)

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日

静かな飯田橋から賑やかな銀座へ

世間では三連休にもかかわらず、朝から飯田橋で仕事(>_<)で某大学での工事立会い。

朝一番に、施工業者さんや、関連会社の方々とやりとりをするのだが、実際に作業が始まってしまえば、問題さえ起こらなければただいるだけ(!)なので、気楽といえば気楽なものではある。三連休の初日ということもあり、道路もガラ空き、街中も静か。

PCを持参しているのだが、休日ということで、電話もないし何にも邪魔されずに集中して仕事ができるので効率も良い。この機会にたまった仕事を一気にやっつけられたのは大きい。

★予定よりかなり早く工事が進み、明日までの2日間の予定が、今日だけですべて終わってしまったので明日交代で入る予定だった後輩の同僚は、めでたく休日出勤免除。

私もこの日は昼過ぎにはあがることができたので、その足で長女の奏とその友達と、銀座の山野楽器で待ち合わせして楽譜を買う。

静かだった飯田橋と対照的にホコテンとなっている銀座界隈の賑わいはすごい。天気も良いので人出も多いようだ。

★山野楽器でバイオリンの楽譜と、オケスコアを何冊か、そして楽器メンテ用の消耗品をいくつか買い込む。

その後、3人でお茶でも・・・と思ったが、銀座通りの有名なカフェはどこも満席で最低でも30分待ち状態なので、一本裏に入ったところの喫茶店で入る。

銀座もこんな時間に来るのは久しぶりだが、以前はよく来ることがあり、飲食店はそこそこ知っているのが、こういうときに役に立つ。(^_^)

そこで自家製ケーキセットと美味しいコーヒーで一息入れて、娘とその友人を車に乗せて帰宅する。

明日は久しぶりの休日だが、明後日はまた朝早くから高尾で仕事・・・(T0T)
月曜は大阪で、火曜は娘の卒業式。
おお、そうだ、PTA会長スピーチもあったな・・・(゚o゜)\(-_-)

水曜は都内だが、木-金はまた泊まりの出張で名古屋。土曜も仕事。
ま、この時期は仕方ないか・・・。(^_^;

合間にちょこちょこ小さな楽しみ(含む飲食)を見つけながら、なんでも前向きに取り組んでいくのが心身ともに健康でいられる秘訣のような気がする。

考えてみればインフルエンザとは15年、風邪とも5年縁がない(爆)。
花粉症もまだ未体験。これだけ飲んで食べてメタボもない。
健康な体に感謝だ。<(_ _)>

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日

最後の金管バンドの練習

この日が娘の金管バンドの最後の練習。朝早いのにもかかわらず娘は元気よく出かけていった。

※もっとも最後の日まで、走っていかないと間に合わないそ!とハッパかけて送り出したのは内緒・・・(^_^;

★学校の金管バンドは4年生以上で入団できるのだが、娘は5年生から入団した。思えば2年間よくぞ毎日7時に出かける生活を続けたものだ。

本来、小学生は9時には寝かせなければならないのに、共働きの我家はどうしても食事も遅くなるし、それからバイオリンの練習。いつも10時半過ぎくらいに子供を寝かせる生活だった。ほとんど毎朝ある朝錬は無理だろうと思っていた。

しかし5年のときに娘がやってみると言い出して、本当に続くのか半信半疑だったのは正直なところであった。

それに何が大変って7時に子供が出かけるということは、親はさらに早く起きて朝食の支度して送り出してやらなければならないわけだし・・・。朝錬を続けた子供も偉いが、それ以上に朝早く朝食を作り続けた私もよく続いたものだ・・・(爆)

★バイオリンはともかくトランペットなんてできるのかな・・・と心配していたのをよそに、やはり元プロのトランペッターだった校長先生の指導はすばらしく、だんだん吹けるようになってきた娘を見るにつれ、感謝と感動をいつも感じ続けられることができた。

そして入団してまもなく、校長先生から誘われて、私も時間が許すときは、練習に参加するようになる。7時過ぎから8時まで一時閑寂でも平日に楽器を吹けるのは、自分が演奏活動を続けていく上でも大きかった。

そして何より子供たちにアドバイスしながら、指導者のお手伝いというより、むしろ団の一員みたいな感覚も気づくと持つようになっていた。

本番のたびに子供に混じって一緒に本番に、それも親子同じステージに何度も出ることができたのも、かけがいのない思い出だ。

来年度は子供は卒業してしまうが、校長先生からは「できるだけきてくださいね」と頼まれている。もちろん、忙しい中、週に一度だけでも、それがだめなら月に一度だけでも参加したいと思う。

しかし、娘と一緒に出られる環境というのは、自分にとっても精神的な一区切りとなるわけで、やはり感慨深いものがあったし、たぶん普通の保護者はもちろん、楽器をやっている音楽仲間でも、普通ではまずありえない本当に楽しく貴重な体験をさせてもらった幸運と、校長先生や、細かくサポートしてくださった他の金管バンドの保護者に心から感謝している。

奏を含むj6年生のメンバーたちには「卒団おめでとう」と心からの言いたい。君たちは本当にかけがいのない貴重な経験と音楽をやる楽しみや団の友達など、お金では買えない財産を得たことを、実感することだろう。

中学行っても続ける人も、別の部活を始める人も毎日練習を続けてきた自分を誇りに思ってほしいし、いつも何らかの形で演奏側でも聴く側でも音楽を楽しんで欲しい。

関係者の皆様本当にありがとうございました。<(_ _)>

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日

ついに来た!~話題の定額給付金~

ついに我家にも届いたのですよ!

今ホットな話題のあれが・・・。
麻生総理大臣のあれですよ!

そう、毎日のようにテレビでも新聞でも論じられている「定額給付金」が!!

こんな手間隙コストの方がたくさんかかりそうで、ばらまき愚策の代表のようなあの「定額給付金」ですよ!

思いつきの適当な発想の政策に腹を立てている良識のある一般家庭の代表のような我家にも送られてきたのですよ

ええ、もちろん家族の名前の横の囲みには、しっかり「辞退」のところにマルをして送り返してやりましたともっ!!

・・・
・・・
・・・

・・・なんてことするわけなく、しっかりいただきます!(゚o゜)\(-_-)

誰がなんと言おうといただける現金は謹んでいただきますとも。

同じ2兆円なら消費税2%減の方がトータルではずっと良いのは分かっている。
政権交代を狙う野党も、麻生を引きずりおろしたい自民党の対抗勢力も、なんとかこの給付金の穴をつついて政策的に世論を反対に導こうとしているのは分かっている。
事務作業を押し付けられた地方自治体が対応に非常に苦慮しているのも分かっている。
一番必要なホームレスには届かず、お金持ちでももらえる不合理さも分かっている。

でもさ、世間話では「ひどいばらまき政策だよね」なんて言い合っている人たちでも、やっぱりこうしていざ手元に届くと、「おっ!ラッキー!」となるのではなってしまうのではないだろうか。もちろん、嬉しいからこれで内閣を支持して投票しようとはまったく思わないが・・・(爆)

もっとも「景気刺激のために消費しなさい!」なんて政府に言われるまでもなく、子供の中学入学諸々費用や、ローン支払いなどで一瞬で消えてしまうわけなのだがそれが何か・・・?(^_^;

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日

滋賀の琵琶湖近くまでドライブ

朝、岐阜市内から次の仕事場である琵琶湖のほとりの虎姫町まで車を飛ばす。距離はそこそこあるのだがずっと高速道路で行かれる上、周りにあまり高い建物がないので景色もよく、何よりがらがらなので、走っていてめちゃ気持ちよい。

この日は春を思わせる穏やかな陽気で天気もよく、絶好のドライブ日和。一人占めして走っているのが本当にもったいなく感じる・・・。(^_^)

★全国を飛び回るようになって、地図を意識するようになった。たいていの土地は不慣れなところで、単身で行くことも多いので、しっかり地図を調べておく必要がある。

車で行くときはナビがあるから、必ずしも必要ないのだが、市街地と、駅や高速道路との方角や位置関係を把握しておくのとそうでないのとでは、気分的にも安心できるし、何より旅行のようで楽しい。

★旅好きな人には、大きく分けて、気の向くままに予備知識や先入観なくその土地を楽しむ人と、下調べをして味わいつくそうとする人の2種類あると思うが、私は前者2割&後者8割くらいのバランスだろうか。

ま、旅行はともかくとして、出張の場合は観光地を調べる必要は基本的にはないのだが、やはりその土地の歴史や名所を知っておくと自分の楽しみも増すだけでなく、仕事先の方々との話のきっかけや、話を弾ませるスパイスにもなる。

特におさえておくのは、もちろん食べ物と酒、そして美味しい店というのは、いまさら言うまでもないか・・・(゚o゜)\(-_-)

★さて目的地は、山間の平野部にそこそこ開けた町があり、その先に海かと思えるような琵琶湖が広がる。青空と緑の調和が実に美しい。こんなところに住んだら良いな・・・と一瞬思ったが、今みたいなサイクルの生活はできないからまず無理だな(爆)

来月中旬から、しばらく毎月来ることになりそうなので、楽しみだ。

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日

岐阜の夜は唄三昧!?

この日から、岐阜→滋賀と出張。
岐阜羽島まで新幹線で、そこからレンタカー。滋賀は車で移動するので、帰りは米原で乗り捨てて新幹線で帰京。

会社はトヨタレンタリースと法人契約をしていて、かなり安く借りられるようだし、営業所もたくさんあるので、私のような不規則な全国出張がある身としては、乗り捨てもできるメリットは大きい。

★午前に一仕事終えたあと、MG仲間のかがり火さんのところへ。あ、もちろん遊びに、ではなく仕事での訪問。

2年前に電子情報ボードを購入していただいているのだが、そのサポート講習。2年前に比べると、ソフトのバージョンも新しくなっているし、当時は教育関係ばかりで、企業での導入実績がほとんどなかったのが、この1年で、大手から中小までかなりの企業で採用されるようになり、活用事例が増えたこともあり、そのノウハウも伝授。(^_^)

かがり火氏と一緒に講習を受けた女性も非常に聡明で、あっという間に使いこなされるのには感心させられる。もう半年くらいしたら、逆に活用事例を紹介してもらわなくては、なんて思わされるほど。o(^^)o

結局、非常に濃い実践講習で、気づいたら19時過ぎまで立ちっぱなし、話しっぱなしだった。(^_^;

★講習後、かがり火氏と、近所の同じくMG仲間のたらちゃんを迎えに行き、私はチェックインして、夜の街(爆)へ繰り出す。

お勧めのご当地もののつまみをどんどん頼んで、寒かったので紅さつまの焼酎をボトルで頼んでお湯割りをぐびぐび。(^_^)/□☆□\(^_^)

普段そんなに飲まない、とおっしゃっているたらちゃんも結構すいすい飲まれている。やはり楽しい仲間、楽しい仕事、そして楽しい酒に食べ物に会話があるというのは、本当に幸せなことだ。o(^^)o

★そして盛り上がった勢いで2次会はどうしようかと思いきや、たらちゃんが「たまにはカラオケはどうかしら?」とのことで、3人でカラオケボックスへなだれ込む

3人とも年代が近いこともあり、歌う曲に気を遣わなくても良いのは嬉しい。青春時代(!?)の懐かしの唄、思い出の歌のオンパレードなのがなんともいえなく楽しい。

大勢のときはカラオケはあまり好きではないのだが、これだけ気心しれた仲間だと、こうやって熱唱しまくるのも楽しいものだ。o(^^)o
月曜日にもかかわらず、おつきあいいただいたお二人には感謝。

次回の来岐には、ぜひこの日のカラオケでも歌われた「柳ケ瀬ブルース」で有名な柳ケ瀬に行こうということになる。

一方たらちゃんは、しょっちゅう有楽町の事務所に来ているようなので、次回のミニオフin東京は、「有楽町で逢いましょう」と名づけられることに。o(^-^o)(o^-^)o

そしてまたの再会を約束して、お開きとなったのであったo(^^)o

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日

AM仕事/PM欧州ツアー初練習/NTカペレ初練習

★この日も日曜で良い天気だというのに仕事。都内のある私立学校の設置工事がこの日から始まる。二十数教室に渡る大工事で、この日から23日までの第一期工事と、26日から4月4日までの第二期工事の二段階。

工事といっても当然私が何かやるわけではなく、始まる前まで色々と打ち合わせを重ねていてもいざ着工すると細かいところで決めなければならない問題が出てくるのだが、それを調整するのが仕事。現場監督は業者の方がやってくれるし、調整役といったところだろうか。(^_^;

★昼に私はあがり、某MGセミナーに顔を出して、昨夜飲んだときに話した仕事関係のパンフレットを渡すついでに、誰が調子よさそうかなど、トップ2卓くらいの会社盤を眺める。みんなが夢中でやっているのを見ると、一緒に参加したくなるな・・・(^_^;

家に戻り昼食を取って、奏と二人で恵比寿へ。奏が才能教育の品川支部のヨーロッパツアーに来年参加できることになったのだが、その結団式と初練習がこの日行われた。

前回11月の第一回説明会のときは、まだ2年近くも先だと思っていたが、あっという間に4ヶ月が過ぎたことを考えると、来年夏もあっという間かも知れない。

ドイツ、オランダと11日間回るらしいが、オランダはうまくするとコンセルトヘボウで演奏会ができることになるかもしれないとのこと!私もやったことないのに(爆)羨ましすぎるぞ・・・。(^_^;

★初練習もなんとか終えて一度帰宅。夕食を作って子供たちに食べさせて、私は一人で森下へカペレの練習。6月7日で小林研一郎指揮でオルフ「カルミナブラーナ」とドボルザークの交響曲第8番というプログラムで、会場はをすみだトリフォニー大ホール。

これも演目と指揮者が決まった一年以上前から本当に楽しみだった。私は今回は久しぶりにメイントップのカルミナの1stHrを担当する。

もっともこの日までほぼ一ヶ月楽器を触っていなくて、マウスピースで時々音だしする程度だった・・・(゚o゜)\(-_-)

譜面は見ておいたし、昔やったことがあるので曲はうろ覚えながらおおよそ知っているので、ちょっと面倒な変拍子のところもなんとかこなせてほっとするが、もっともスタミナ不足はてき面だった・・・(-_-メ)

この曲は、ホルンは吹きっぱなしというわけではないのだが、出てくるところはかなり高くてきついし、しかもほとんどの曲が3回繰り返しで、これでもか!ときついところを吹かされるのが大変。

練習が始まれば嫌でも(!?)楽器を吹く機会を作れる。せっかくの大きな舞台だし、本番までしっかり仕上げないとo(^^)o

★練習終了後は、20人ほどでいつもの餃子屋へ。おなかいっぱい食べて飲んでもせいぜい一人2500円程度と美味しくて安い!メンバーとの久々の再開とオケと飲み会(?)を堪能したのであった。

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日

休日出勤&夜中から(?)MG仲間と飲み会o(^^)o

 4月一週まで土休日はほとんどすべて仕事が入っている・・・。
この日は午前中は、昨日に引き続き、お台場でICT教育のCEC成果発表会。

この展示会はいつも金曜の午後と土曜の午後という変則二日間の日程。半日ずつ2回やるのなら一日通してやってもらった方がありがたいのだが、平日なら来られる、土曜日なら来られるという全国の先生たちに対応するためにはこういうのも仕方ないのか・・・。

★12時過ぎで終わりなのだが、もう撤収に入りかけた頃、某関西の学校の情報担当のかなり専門的な先生がブースに寄られて、色々試用して質問をしていき、結構大きそうな案件になりそうな勢いになってきた。

「閉店間際の駆け込み客は大事にせよ」とよく言われるが(・・・私が勝手に思っているだけという話もある\(-_-))、まさに最後にビッグディールを手繰り寄せたようで、2日間の疲れもふっとんだ。o(^^)o

★撤収した後、そのまま大きな機材を来週の某企業のソリューションフェアでの貸し出し向けに、レンタカーのトラックを借りて運搬。ところがこともあろうに機材を止めるベルトがついていなかった(-_-メ)

結局会場でビニール紐を借りて何重にも固定して、さらに周りのドライバーに顰蹙を買いながら時速30km走行で運搬して事なきを得たのだが、返却時にしっかり半額に値切ることは忘れなかったのであった (^-^)v

結局、この日は昼食を取りはぐれてしまって、帰宅したのは17時半過ぎ。もう昼食を食べる時間でもないので、仕方なく(?)夕飯の準備!ということで、一食抜いてしまったのであった・・・。(T0T)

★夕食後、娘たちの希望で東京MGの交流会の最後だけ少し顔を出すと、MG仲間のまもちゃんやT原さんなど、濃いMG仲間が集まっている。

当然3.6期(≒交流会後の飲み会)に誘われたので、交流会終了後、一度娘を連れて帰宅して風呂に入れて寝かせてから、私一人で大井町の和民での3.6期に合流。結局その後さらに土間土間へ流れて3.7期まで行き、帰宅したのは26時!

よく考えたら明日も8時から仕事だったのだが、こういう仕事がぎりぎりでパンパンの状態のときこそ、こうやって楽しい仲間との酒で、きちんとストレス発散(!?)しているのが、5年間この爆忙状態ながら風邪一つ引かずにいられる心身ともにの健康法なのかもしれない・・・なんて正当化してみるのだった(爆)。

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日

展示会&平成20年度最後の小P連会長会

 この日はICT教育関係では日本最大のイベントであるCEC成果発表会。
例年お台場の東京ファッションタウンビルでの開催なのだが、今年は他のイベントとのコラボの関係で、船の科学館横の国際交流会館での開催。

 あいにくの天気の中、主催者予測より出足も上々。講演会や分科会も熱いが、企業展示もやはり一番の展示会ということでICT関連企業はどこもかなり力を入れている。

今年はうちの会社はかなり大きな目玉の新商品をぎりぎりこのイベントに間に合わせられたこともあり、競合他社に比べて、ニ歩も三歩もリードしたような手ごたえがあった。o(^^)o

★例年は懇親会があり、主催者、教職員、企業など向けの交流会が行われるのだが、今年は会場の関係なのか、行われなかった。

貴重な機会で残念だったが、個人的には少しラッキー。なぜなら夜は今年度最後の会長会がバッティングしていたから。

展示が終わって引き上げたのは19時前。会長会は19時からとどうやっても遅刻。私は小P連の書記をやっているので、議事録を取れないのはまずいので、別の役員に行くまでの議事録取りをお願いして、大急ぎで会場に向かう。

★会場に着いたのは19時半少し前。最初の挨拶が終わり、部会報告のところに間に合ったので少しほっとする。

会長会の議事の大きなものとしては、一年を振り返っての行事報告、それと最後の大きな引継ぎイベントとも言える専門部研修会についての案内などが行われる。

そして来年度の小P連役員候補紹介。正式な就任は専門部研修会の前の総会なのだが、一応今回の会長会で仮承認。私は今年同様、品川区小P連の書記となり、さらに地区のブロック代表を今年度に引き続き務めることになった。

もっともうちのブロックの会長は、今年度は私以外全員入れ替わりだったのだが、来年度は全員留任ということで、今年よりさらに楽しく、そしてパワーアップしてやっていかれそうで何より。

★終了後は、当然のごとく(!?)懇親会。某会長のお勧めのちゃんこ屋だったが、5000円で飲み放題つき、そして何より食べ物の質がすごい。何回か部会によっては使っているらしいが、私も今後何かと使わせてもらおうo(^^)o

★さらに2次会でカラオケに流れる会長たちと別れて、隣の学校のI会長と二人でネオンフィッシュでサシ2次会で、飲み、語り合う。さすがに朝早くからで疲れたけど楽しく充実した一日だったo(^^)o

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日

【才能教育】子供が弾くバッハのバイオリン協奏曲

この日はバイオリンのレッスンの引率。

美音はバッハのバイオリンコンチェルト第一番の一楽章。
奏も美音もバッハの曲は好きだと言う。私は昔ピアノを習っていた小学生の頃はバッハが嫌いだった私には、バッハが好きな娘たちはすごいな・・・と思う。(^_^;

しかし、考えてみれば才能教育の場合は、1巻のメヌエット3曲に始まって、8巻くらいまでは各巻ほぼすべてにバッハが教則本に出てくる。ドッペルも2パート別々に出てくるし、今の美音のコンチェルトの1番もそうだ。

余談だがピアノ曲よりバイオリン曲の方が、当時私が嫌いだったインベンションよりずっと聴き易く馴染みやすいメロディなのは気のせいだろうか・・・。(^_^;

★さて才能教育の場合、早期教育的なイメージがあり、実際に小学校の低学年からバッハのコンチェルトを弾いてしまう。

もっともこの弾いてというのが曲者である。「弾ける」という言葉が何を指すかという定義がもっとも広いのがバッハやモーツァルトなのではないだろうか。

確かに「音符を音に出す」のが「弾ける」というのであれば、実際のテンポでつっかえないで弾ければ「弾けた」のであって、それで丸をもらって次に進む。

しかし実際にはそれで済まないのが(爆)音楽だ。作曲家の意図していた音楽を、プレーヤーが理解してさらに自分の音楽を乗せて表現するということにおいては、やはり楽器経験のみならず、人生経験が大きく左右する。

そういう意味で小さい子が神だの、また想いだのを自分の音楽として作り出すというのは当然あるレベル以上になれば無理がある。

★なので最初は指導者の音楽というのをお手本に曲を弾きこむ中で、その年なりの理解を積み重ねていくことになるのだが、やはりいつも今のプレーヤーの一つ先を目指させてあげることが、指導者なり、それをサポートする親の役割となってくるのだろう。

今のN海先生の良いところは、とりあえず弾けて(≒楽譜を音にすることができて)から、そこでマルではなく、そこをスタート地点としてその子供なりのレベルなりに高いところを目指す指導をしてくれるところがありがたい。

あとは何年か後に、自分でさらい直してみたときに、色々と人生経験や楽器経験に比例して音楽に深みや内面からあふれる表現力ができてくるだろう。せっかくこんな良い曲をやるのだからどうせなら好きになって弾いてもらいたいし、その点では良い感じにレッスンを積み重ねていっているように思える。

どうやっても毎日のレッスンの積み重ねは子供にとっては大変だが、だからこそ少しでも楽しみを見つけて弾いていってほしいものだo(^^)o

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日

浜松出張なのに・・・

この日は浜松へ移動。
せっかくなので、やっぱり本場の鰻!といきたかったところなのだが、昼過ぎに移動してきて滞在2時間ほどでトンボ帰り。(´Д`)

昼食も夕食も食べる暇がなかったので、せめてうなぎでも買って帰ろうかとも思ったが、一尾2800円!とかする。

お店でその場で美味しい生きた鰻を裂いてもらって食べるのなら、そのくらい出しても良いかもと思うのだが、捌いて冷蔵してあるものだったら、わざわざ高いものを買って帰る価値はなく、西友の一尾980円の国産鰻で十分じゃん!?なんて考えてしまう私がせこいのか・・・。(^_^;

★結局、お土産は、うなぎパイ(ブランデー入り?!)と、娘たちへご当地キティストラップだけ買って帰ることに。(^_^;

また来月早々に来ることになりそうなのだが、次こそは昼か夜に、鰻屋で美味しい鰻を堪能できるように、出張のスケジュールを組みたいものだ・・・。(゚o゜)\(-_-)

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日

年度末のかきいれ時は嬉しい悲鳴・・・!

自分の担当している商品は、もともと教育向け商品。それが昨年の今頃から企業にもかなり売れるようになってきて、最近はむしろ企業の方が引き合いが多かったほど。

ところが学校関係は3月末が年度末。
予算消化に関しては、何が何でも納品しなければならない。さらに教育関係の場合は設置工事を伴うことが多いのだが、当然工事をできるのは春休み期間中。

夏休みと違って春休みは短いし、おまけに年度末ということで、ほとんどのユーザが同じ時期の納品や工事を希望する。

とはいうもののこちらの受け入れ態勢にも限りがあるし、工事の職人さんもこの時期はパンパンにスケジュールが詰まっている状態。

あらかじめ分かっているものはよいのだが、残予算があったとかで、注文が入ってしまうとスケジュール調整をするのも非常に困難だ。

★というわけで、一日3つも4つもアクロバティックなスケジューリングとなってきてしまうし、それでも平日で捌ききれずに結局うちの部署の人間も含めて3月は土日や祝日をを丸々一日休める日がほとんどない!という状態になってしまう。

そんな状態で、娘の卒業式は出ないわけにもいかないので、代休を取っていたりするので余計にハードな生活となる。

もっとも、仕事があってうれしい悲鳴ということなので、あまり文句は言えないどころかトータルで見れば恵まれているのかもしれない。

あとは、年度が明けたら休みを取るぞ!と思っているが、いざ始まってしまえばまた新しい案件がぽんぽんできてくるのだろうな・・・。

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日

音大の卒業演奏会に特別参加!

この日の夜に娘たちの本番があった。大学の先輩であるでんか氏の奥様が、音大で教えていらしてそのお弟子さんたちの卒業演奏会が渋谷の山はホールで開かれたのだが、そこに特別枠で娘たちのトリオ「奏優美」が参加することになったのだ!(☆o☆)

★でんか氏は昨年8月に結婚されたのだが、そのときの披露宴の二次会で、司会者を務めた私とソフィアンさんの娘同士が、縁あって余興でVn2本とピアノのトリオ演奏をしたのがきっかけである。

その後、12月に出演した品川区のウィンターフェスティバルは当日ことインフルエンザでピアノの優子ちゃんが出られなくなってしまったが、そのフェスティバル用に、同じく披露宴二次会で幹事をされた作曲家の三宅氏がこのトリオ用に「崖の上のポニョ」をアレンジしてくださっていた。

★さて卒業演奏会はピアノとエレクトーンの演奏会。ピアノはともかくエレクトーンの演奏はほとんど利いたことがない。せいぜい小P連の芸術鑑賞会の前半のエレクトーンソロくらいだが、ポピュラー曲ばかりだったので、今回のような本格的なソロを聞くのは初めて。

なんとなく電子オルガンのすごいやつ!くらいのイメージしかなかったのだが、ひとつの楽器でほぼフルオケの曲が、まるまる演奏できてしまうのには仰天する。特にキャンディードが素晴らしかったなあ・・・。チャイ5の2楽章もかなり味のある演奏だった。

★エレクトーンが複数になるとさらにすごい。グリーグのノルウェー舞曲はまさしくオケの臨場感と演奏を味わえ、メインのピアノ1台とエレクトーン2台のグリーグのピアノコンチェルトは圧巻だった。しかも一楽章はエレクトーン一台のジャズアレンジだったのだが、これもまた圧倒される演奏だった。

★さて娘たちのトリオ「奏優美」。優子ちゃんのお母さんソフィアンさんお手製のお揃いの衣装(ソフィアンさんいわくイメージコンセプトは平成のキャンディーズだとか・・・(^_^;)で、ステージに現れ、この3週間毎日曜日ごとに練習を重ねてきただけあり、8月の披露宴のときよりもずっと安定した技術とアンサンブルで楽しく聴かせることができたのではないだろうか。(^_^)

★しかも曲間には奏のMCがあり、トリオ結成のきっかけや曲紹介を小学生が面白おかしく話したのが、これまたウケていたようだ。終演後に主催者のでんか氏の奥様とトリオ「奏優美」で記念撮影。

★ちなみに娘たちが着替えている間、待っていたところ、出演者らしき人たちが話していたのだが、
「あの小学生の子達かわいくてすごかったね。」
「またスピーチが面白かったよね」と話している。

さらに
「あの子達の二人が姉妹らしいんだけどどの子とどの子が姉妹かな?」
「え~、顔で分かるでしょ! あのバイオリンの小さい子とピアノの子が姉妹よ」

・・・違うんですけど、ってツッコミを入れる勇気はなかったのだった。(^_^;

★終わった後は、優子ちゃん親子と私たちでキリンシティでプチ打ち上げ。
木曜からめずらしく3日間も飲まなかったのだが、娘たちをダシに(!?)、久々においしいビールを堪能したのであった。o(^^)o

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日

WBC「日本対韓国」コールド勝ち!めっちゃ強いじゃん!

昨日のWBCの予選第一ラウンド天王山ともいえる、この日本対韓国の試合はプロ野球ファンとしては、外せないだろう・・・。

さんざん北京で苦しめられた左腕ピッチャー金廣鉉から2イニングで8点を奪うまさかの(?)展開で、結局7回裏で14対2となり、なんと歴史的コールド勝ちだった。

ポイントは内川のスライダーの見極めてのタイムリー、イチローのセーフティバント・・・なんてところは誰でもわかるとして、私のポイントは、振りたいところをしっかり押し出し四球を選んだ中島。

★そしてもう一点挙げるなら、その後青木が併殺崩れ(これも普通の選手ならゲッツーでしょう)で一点取ったあと、村田のとき、盗塁するぞとさんざん揺さぶって、村田への決め球にスライダーを投げさせなかったところ。最後は低めのストレートを投げざるをえない状況に追い込んで、それをしっかり村田が狙い打った・・・。

★これもその前の回に伏線があった。3連打で1点取った後、2者連続三振で2アウト1、2塁。ここで終わるとなんとなく攻め切れなかった感じが残り、嫌な展開になりがちなのだが、見事に内川が決め球のスライダーをレフト線二塁打!。

これもすごいが、もっとすごいのが青木の足!2アウトだったとはいえ、あのあたりで1塁から一気にホームに帰ってこられたのが、韓国には痛かったのと同時に、青木の足を警戒せざるを得ない状況を作り出せた。

それが2回のあの場面に繋がる。一死一、三塁で、一塁ランナーが青木で、三塁ランナーがイチロー。イチローの足は韓国も知っているので、青木が走った場合、下手に二塁に投げるとイチローがホームに帰ってきてしまう。そう考えるとむしろ青木に走ってもらった方が良かったかもしれないわけだ。

そうすれば安心して村田にはボールになる変化球で勝負ができたし、仮にフォアボールになっても、次があたっていなくて内野ゴロの多く足も速くない小笠原でゲッツーが狙える・・・。

そう考えていくと青木は「敢えて」走らずに村田に打たせたとも読める。実際はもちろん分からないがどうだろうか・・・。o(^-^o)(o^-^)o

★その後もイチローが盗塁で二進した後、エラー気味の強襲ヒットで一気にホームインするなど、良い意味で、相手が嫌がるネチネチした野球で一点、二点と取っていって少しずつ戦意を奪っていった展開にしていかれたのは大きい。

もっとも途中からは韓国も試合をあきらめた感もあり、展開こそ一方的になったが、まかり間違えば、まったく逆の一方的な展開もありえたと思う。

当然一位決定戦で韓国があがってくれば、もう一人のエース奉重根が出てくるので、彼を打ち崩すことが、苦手意識を払拭するどころか、逆に相手に苦手意識を植え付けて、本戦であたっても呑んでかかることができる。昨日のように細かい野球を続けて点をもぎ取り、ぜひ勝利してほしいものだ。o(^-^o)(o^-^)o

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日

品川区小P連中央研究発表大会2009

昨日7日(土)に品川区荏原文化センター大ホールにて、品川区小P連中央研究発表大会が開かれた。

中央研とは、品川区立小学校を7ブロックに分けて、それぞれのブロックで一年間かけて共同研究をして、各ブロックの当番校が年間の研究成果を発表するというもの。 品川区長も出席される小P連の研修部関連行事としてもっとも大きなものである。

例年はきゅりあん大ホールで行われるので、来賓の他に、各学校から20名くらいは参加してくるのだが、今年はきゅりあんが改装中で定数400名の荏原文化センターということで、当番校でも10名、それ以外は6-7名という定員まで設定される。会場はびっしりでほとんど空席もないほぼ満席状態。(^_^;

★うちの小学校が属する地区は5校からなるので、5年に一回当番校が回ってくるのだが、3年前の会長一年目でいきなりうちの学校が当番校で、私が発表したのをよく覚えている。

今年のうちのブロックのテーマは「やる気にアクセス」ということで、勉強にせよ、お手伝いなどにせよ、親がやれというのではなく、いかに自発的に子供に取り組ますことができるか、そのためには親はどういう姿勢や、言葉がけが必要か、というもの。

★発表校のY小学校は、春のオリエンテーションに始まり、共同アンケート、そして集計分析と考察、12月の地区発表、そしてこの日の本番を迎えたわけだが、本当に大変だったと思うし、プレシャーもかかっていたと思う。

しかし、地区発表でもかなりまとまっていた内容をさらに練りこんで、凝縮させてこの日に臨んだ甲斐もあってすばらしいものであった

PPTでのまとめ方も見せ方も良かったのだが、会長の発表だけでなく、副会長らも研究員として参加させて、各ポイント分析の発表をさせるなど、演出も凝らされていて、見ていても楽しく分かりやすいものだったのも素晴らしかった。

3年前の我々もそうだったが、発表が終わった後は会長はもちろんだが、一緒に頑張ってきたスタッフたちも涙もので打ち上げもさぞ弾けたことであろう・・・。(^_^;
本当にお疲れ様でした。

★発表に先駆けて、PTA功労者表彰というのも行われた。
PTA活動で特にお世話になった方を、各小学校ごとに地域から一人、先生から一人推薦して表彰するというもの。

うちの小学校からは、昨年秋の展覧会などでお世話になった図工専科の先生、そして昨年の就任以来、PTA行事にほぼ毎回出席してくださっている小学校の同窓会長を推薦し、表彰となった。

★そして発表の最後には、小P連としても研究発表が一コマ用意されていて、役員が発表する。

PTA連合会副会長がスクールゾーンについて、そしてPTA連合会書記の私が小P連統一パトロールベストの活用状況と、今後の83運動とリンクした普及のさせ方について発表する

ちなみに当初パトロールベストに関しては、1分という話だったのが、当日他のテーマとの流れで直前に急遽3分に増枠とのこと。
マジですか・・・?原稿も何も用意する時間はないのですが・・・。(-_-メ)

でも良く考えてみれば、普段私はほとんど原稿を用意しないので、どちらにせよ同じことか(゚o゜)\(-_-)

ということで、いつもの通り、なんとか中身をひねり出して、もとい、経緯や、データから読み取れる課題、そして解決法など、細部まで詳細に説明することでほぼぴったり枠どおり3分話したのだった!(^-^)v

★パトロールベストは、今後は中P連とも連携して統一デザインとして、さらに普及に努めることになった。

今回も品川ロータリークラブ様にご協賛いただき、1000着余りを作成して各校に配布することになり、その贈呈式も最後に行われて、半日びっしり各ブロックの想いと情熱(!?)を注ぎ込んだ研究発表大会は幕を閉じたのであった。

★さて、私も来年度までは会長を引き受けることになったのだが、来年度中に後任を探さないと、再来年にはまた当番校が回ってきてしまう。

おそらく一人で2回中央研で発表した会長というのは過去にいないと思われるので、第一号となるのはなんとか避けたいものだが、当番校なんていったらさらになり手がいなくなってしまいそうだが果たして・・・。(^_^;

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日

謝恩会(お別れ会)無事終了!

6年生と保護者が、教職員を招いてのお別れ会(謝恩会)が無事終了した。

料理やクッキーはすべて保護者の手作り。招待状、座席表、そして会場の飾り付けからレイアウトまで6年生児童とその保護者とで行うもの。

私は6年生の保護者でありながら、PTA会長なので来賓席・・・という少し微妙な立場。誘導や接待してくださる方々に申し訳ないような気分。(^_^;

レイアウトは、来賓・教職員と、6年生が交互に座るテーブル形式で、私は校長、離任された元担任の先生と同じ卓で間に児童が座る

★この日はてっきり保護者参加のつもりだったので、来賓スピーチがあることをすっかり忘れていた。校長先生挨拶のあと、いきなり次がPTA会長挨拶!司会者に指名されてから「やばっ!!」と思い立ちあがりながら考えて一瞬で2分間スピーチができてしまう私って、いかに口先男なのかを実感・・・(゚o゜)\(-_-)

★続いての6年生の劇。
思い出を振り返りながら歴代の担任たちにインタビューしていく形式の寸劇が本当によくできている。

その後、一人ひとり名前を出さずに小さい頃の写真をパワーポイントでまとめたものに親がコメントたのを担任が読み上げ、最後に今の写真を出して名前を言うという定番タイムスリップコーナー。

★そして保護者の出し物。例年は歌を歌って終わりなのだが、今年はやたら団結力がある学年だったのか、ニュース形式にしてインタビューや祝電FAXなどを読み上げたり、思い出の一こまを面白おかしく紹介していくなど凝りまくり。

そしてようやく、昨日の日記にも書いた「手紙~拝啓 十五の君へ」の歌。ピアノ伴奏しなければならないので、直前からストーブで指を温めつつも前の寸劇のところからドキドキもの。

そしていよいよ合唱開始

オケのソロより人前でピアノを弾くほうがずっと緊張するんだよな・・・。

しかしピアノソロで始まる前奏をノーミスで乗り切ればあとは緊張もほぐれてノリノリ。2箇所コード変換 (爆)したところがあったのはご愛嬌か・・・(^_^;

★そして教職員の出し物があって、最後に6年生の演奏コーナー。この小学校は音楽レベルが高いので有名なのだが、学年合奏が部活か何かで専門でやっているほどの高いレベル。

だいたい笛、ピアニカ、木琴、鉄琴、パーカスくらいが普通の学年合奏のイメージだが、金管バンドが盛んなこともあり4分の1は金管!

しかもパイレーツオブカリビアンの冒頭は奏も含めて3人のバイオリンソロ。

5年の連合音楽会で演奏した曲、今年の音楽発表会で演奏した曲、他に思い出の曲など、歌ありポップスあり、合奏ありのリサイタルのようで、しかものだめさながらで踊りながら演奏したり観客の合間を飛び回ったりと演出が実に細かい。

そして同じ楽器を一人が何曲もやることなく、ローテがある。奏は、バイオリン、トランペット、ティンパニ、リコーダーと4つの楽器をこなしていた。金管バンドで鍛えられたトランペットもそこそこ吹けるようになってきたことにも感慨深い・・・。

最後は予想外のアンコール2連発もあり、2時間半の予定を大幅に超えて3時間半近い会となったが、飽きることなく保護者も児童も教職員も一体となって楽しんだ会であった。

★終了後、校長室で転任された先生たちとしばし歓談。初めてPTA会長をやったときにお世話になった副校長や、奏も美音もお世話になった先生など、久しぶりにお話できたのも楽しかった。

長かったようであっという間の奏の6年間の小学校生活もあとわずか。目いっぱい楽しみつくして卒業してほしいものだ。(o^-^o)

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日

アンジェラ・アキ「手紙~拝啓 十五の君へ~」

3/6(金)に娘の小学校のお別れ会(≒謝恩会)があるのだが、そこで6年生保護者の出し物があるとのこと。今年は寸劇の合間に合唱をやるとのことで卒業対策委員の方から連絡が回ってきた。

そして皆で歌うのがこの「手紙~拝啓 15の君へ~」に決まったらしく譜面をいただいた。譜面をいただいたとき、曲を知らなかったのだが、「まあ、歌なら初見でもそれなりに歌えるしちょっと譜面を見ておけば大丈夫か」と思っていた。

ところが譜面を渡されるとき、卒対委員の方がにっこり笑って「じゃ、JOKERさんはピアノ伴奏をお願いしますね。」

は!? いや、ピアノなんてそんな人前で弾くなんて内気な私にはとてもできるわけがないし・・・(゚o゜)\(-_-)

★曲も何もしらないけど、2ヶ月近くあるから大丈夫か、なんて気軽に、そして卒対の方の笑顔に負けて引き受けてしまった・・・(゚o゜)\(-_-)

ところが、この曲は実は有名だったようだ。アンジェラ・アキさんが歌って、みんなの歌でも放映されていたし、中学の全国合唱コンクールの課題曲だったとか・・・。さらには昨年の紅白にも出たらしい。私の時事オンチぶりがバレバレ。

★ちなみに譜面をもらったときに、とりあえず弾いてみるかと曲も知らずに弾き始めたのだが、アルペジオで美しい伴奏に乗せた綺麗な短調のメロディ。譜面から見るとゆっくりな曲みたいに見えるので、弾き始めたら、とてもメロディックで美しい。しかし美しいけど余りにも暗い!こんな曲を卒業のお祝いに歌うのだろうか・・・。(^_^;

そこへ「何弾いているの?」と娘が覗きにきたのだが、題名を見て「あ、これ知っている!」と言った次の瞬間、「曲違うんじゃない?もっと明るい曲だよ」と言い出す。

「へっ!?」と思ってよく譜面を見たら、フラットが4つついていた。つまりAs-dur(変イ長調)の原曲を、こともあろうにa-moll(イ短調)で弾いていたのだった・・・(゚o゜)\(-_-)

2人で大爆笑が止まらなかったのは言うまでもない。しかも後でYouTubeで曲を調べて聴いてみたら弾いていたテンポの倍くらい速いし・・・。
道理でおかしいと思ったよ。!!( -_-)=○()゜O゜)!

★なんて紆余曲折(?)がありながら、明日、いやもう今日が本番。前奏や感想などピアノはかなり目立つのでうまくいけば天国、間違えれば大恥地獄。ああ、歌って踊れて弾ける(?)PTA会長・・・(爆)

果たしてうまくいくか乞うご期待。o(^-^o)(o^-^)o

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日

今年度最後の地区委員会

この日の夜は今年度最後の大井第一地区の地区委員会。

地区委員会とは、青少年の健全育成を目的に、町会の代表と区の職員、警察関係者や地域スポーツ指導者、そして小中学校のPTAからなる組織で、毎月第一水曜日夜に会合が開かれている。

活動内容は、年間を通じてさまざまなイベントがある。子供祭り、小学生・中学生の主張大会、キャンプ、子供フェスティバル、子供を持つ親向けの講習会や講演会などなど、かなり多岐にわたる。

★出張でイギリスに行ったときに、ロンドン郊外の学校関係者と話をした際に、PTA会長をやっているなんて話になったのだが、地域との連携はどうしているかなんて話になったときに地区委員会の話をしたら、それだけいろいろな人たちが定期的に集まって活動しているのは珍しいとのことだった。

仕事の関係で、開始時間の19時に間に合うことは難しく、どうかすると最後の10分余りしか出られなかった、なんてこともあったりするのだが、これだけの人たちが子供たちの安全な環境づくりのために、活動してくれていることを思うと、本当にありがたい活動だと実感する。

★私も地区委員となって4年目になるのだが、全部出席とはいかないまでも、続けて参加し続けることで、他の地区委員の方々とも顔見知りの方が増えてくる。

また近隣の小学校のPTA会長仲間も出ているし、なんといっても学区の中学のPTA会長は、昨年まで娘の小学校の副会長を受けてくださった大先輩のN氏。

品川区は、区立の小中学校は、小中一貫校として中学は7年~9年生と呼ばれるのだが、N氏とのホットラインのおかげでPTAも小中一貫状態(?)だったりする。

★そしてこの夜も終了後、N氏と二人で年度のミニ小中一貫PTA打ち上げを軽く(?)したのだった・・・。(^_^;

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日

雛人形の飾り方を覚えているって・・・

今日はひな祭り。
男の私には関係ないはずだが、妹がいたので小さいころから毎年雛人形を飾っていたおかげで飾り方はほとんど覚えているので、現在娘のために雛人形を飾るのもそれほど苦労しない。

五人囃子のそれぞれの位置と、家具の針子や茶台の位置が多少うろ覚え以外は、ほとんどマニュアルの写真を見ないで飾れるというのもある意味特技(?!)かもしれない・・・(^_^;
★ちなみに我家では、お内裏様とお雛様は近代流ということで、お内裏様が右(向かって左)。これは古い家や関西の方だと本来は左上位ということで逆だったりする。

左上位なので、右大臣より、おじいさんの左大臣の方が偉いんだよな・・・。(^_^;
「左近の桜、右近の橘」なんていうのも、言葉で覚えてしまっているから、雛壇に並べるのも迷わず並べられる。(^-^)v

★狭い家に巨大な7段飾りの雛人形なんて飾るのもしまうのも邪魔なだけ!と毎年思いつつも、こうして立派な雛人形が飾られたのをじっくり眺めていると、やっぱり良かったな、なんて思える部分もあったりする。(^_^;

★小さい頃は、妹のために父に教えてもらいながら並べていたし、今年こそ娘たちでほとんど飾ったが、昨年までは基本的に私が飾っていた。

3月3日の桃の節句を、ひな祭りパーティというところでなく、雛人形を飾るという一大イベント(?)に焦点をあてて考えてみると、むしろこれは私のための節句だったともいえるかもしれないな・・・(爆)

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日

【PTA】理事会,運営委員会,役員会,保護者会・・・

土曜日まで仕事だったので、この日は代休・・・。
と言ってもこれは先週の土曜日の代休ではなく、1月の休日出勤の代休だったりする。

うちの会社は基本的に代休は1ヶ月以内に取得することになっているが、うちの部署は忙しい時期は(特に私の場合は年中・・・?)、その月に取るのがまず難しいかったりするので、3ヶ月以内に取ればよいことになっている。

★ということで今日はゆっくり家で・・・なんてできるわけはなく、小学校へ行く。

ちなみに
09:30役員理事会
10:45運営委員会
12:00現役員とのランチ会
13:00新年度の本部役員会
14:50美音の保護者会
15:30クラス茶話会・・・とびっしり一日PTAデー。

さらにこの日の夜は、YSEで指揮者の久志本先生を囲んでの執行部会の打ち上げ会もあるなど、これでもか!というスケジュール。

★私の場合は、休日出勤が多いのだが、代休をPTAに充てることでなんとかなっているところもある。PTA会長が出席しないといけない理事会や運営委員会などは、保護者会や授業参観にあわせて、何ヶ月も前から日程を決めてしまう。

私も出張も含めた仕事のスケジュールをそれに合わせて(!)立てられるし、他の保護者、特に仕事をもたれている役員などもそれに合わせて半休や、シフト申請で対応していただいている。

その代わり一日空けてそこに全部詰め込んでしまうので、こんなスケジュールになってしまうのは自業自得か・・・(^_^;

★理事会と運営委員会に関しては今年度最後の開催。今年度は例年にもまして各委員会の活動が活発でかつあちこちに工夫が凝らされ、どこも昨年までと違った取り組みが多くされていたのが特色。

また本部役員も今年初めてという4回の親子スポーツ教室の企画運営や、中国音楽鑑賞会、そしてPTA保険の徹底見直しなど、これだけドラスティックかつダイナミックに活動した年はなかったかもしれない。

そして何よりチームワークが良かった。フルタイムで働くメンバー、専業主婦のメンバーそれぞれが自分の持ち味と環境を生かして補いあって、とにかく和気藹々とできたことが財産だろう。

来年度の役員も、良いスタートダッシュが切れているし、今年度の役員の楽しい雰囲気を受け継いでいるようで楽しみだ。o(^^)o

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日

ひな祭りアンサンブル

 兵庫・大阪出張から戻り、3日ぶりの東京生活(^_^;
14時過ぎから、来週月曜日の本番に向けて、トリオ奏優美の練習で、ピアノの優子ちゃんとそのママのソフィアンさんが我家へ。

 練習は先々週に続いて2回目。前回は奏が学校のスキー体験教室と重なっていて、美音と優子ちゃんの二人きりの練習だったので、3人揃うのは今年初めてとなる。

★来られて、まずは紅茶でも・・・ということで、私は大阪土産の桜生八橋を、そして先生で丁度今日は勤務先の卒業式だったソフィアンさんからは、保護者からいただいた洋菓子セットがお茶菓子として提供される。紅茶は私がロンドンで買ってきたLadyGreyと、結構優雅(?)なお茶会となる。(^_^)

★一休みした後、まずは合奏。リビングの奥のピアノがある部屋は雛人形が占めており、その前で娘たちは演奏する
ちょっときゅうくつそうだが、ひな祭りパーティらしくて(?)これも良いか・・・(^_^;

3人揃ったのは昨年末で奏は感覚を忘れているが、美音と優子ちゃんは先々週の特訓(?)があり、多少余裕がありそう。

★まずはポニョの合わせ。テンポ感を持たせるために、最初は4拍子でメトロノームに合わせて、続いて2拍ごと、すなわち大きなニ拍子で合わせて演奏する。

そして、それができたらメトロノーム無しで、3人でコンタクトを取りながら演奏すると、生き生きとした演奏になり良い感じになる。(^_^)

少し休憩した後、バッハのドッペルコンチェルトの練習。こちらはメトロノームで最初から大きなニ拍子カウントで2回通して、何点か修正した後、メトロノーム無しで通し

奏が結構主体的にアンサンブル作りで色々提案したり美音に弾き方を教えたりしているのがほほえましい。

★昨年8月に初めて本番を迎えたときも、その時点では良い演奏だったが、そのときに比べてやはり何度も弾き込んで、合わせを重ねてきたこともあり、個々の技術的な安定感とともに、音楽の流れやアンサンブルという点でもずっと良くなってきている。

来週の本番前日にもう一度リハがあり本番を迎えられる。本番はインフォーマルとはいえ、音大生の卒業演奏会に形式上はゲスト出演(!)。

やはり子供だから適当な演奏ということではなく一つの室内楽として今のベストを尽くすのは本番に対する礼儀。ただこれだけ積み重ねてきたことはきっと彼女らにとっても今後大きな財産になる。一生懸命練習しながらも本番を楽しんで欲しいと願う・・・。

★もっとも娘たちにとって実際は、練習もするけどそれを口実に3人で遊ぶのが何よりの楽しみらしい。「来週の前日は不安だったらもう一度練習しても良いけどどうする?」と訊いたら、即答で3人とも「やる」と答えたが、練習のためでなくてどう考えても遊ぶためだろうな・・・(爆)

【以上】http://www.mmm.ne.jp/~joker/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2013年11月 »