« 横浜国立大学管弦楽団第102回定期演奏会 | トップページ | 妻とランチat御徒町「きどや」 »

2014年5月11日

ジュニアオーケストラSJPO第3回練習

★この日は品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラSJPOの練習日。
バイオリンのトレーナーの吉田綾菜先生と、フルートのトレーナー篠原梨恵先生がいらっしゃっての練習。

SJPOブログ5/11分参照

 他に演奏サポートスタッフとして、バイオリンのJさん、クラリネットのOさん、フルートKさん、トロンボーンのMさん、そしてホルンの私がメンバーの指導に加わって、少人数ごとに分かれたきめ細かい練習となる。

★今回から、SJPOの新曲であるモーツァルト作曲「劇場支配人」序曲の練習が始まることもあり、練習の最初に全員で、「劇場支配人」序曲を通して聴く。といってもCDを用意してあるわけではなく、スマホでYouTubeに接続して、音楽室のアンプに繋いで聴かせるという迫力の高音質でありながら、お手軽(^^;

 その後パートごとに分かれて、基礎練習、アンサンブル練習、そして課題曲の練習と、トレーナーや演奏サポートスタッフの指導での分奏。

★1時間15分ほどの分奏の後は全員で集まり、前回に引き続き私が講師になって、「JOKERのオーケストラミニ講座」開催(笑)

 今回は、新曲に劇場支配人が取り上げられたこともあり、
 ●オペラとは? ~オペレッタ、ミュージカルなどとの違い~
 ●序曲/前奏曲/間奏曲とは?
というテーマでのミニ講座。

 SJPOの練習は、単に楽器の練習のみならず、オーケストラでの演奏、また周辺情報などに関する知識も少しずつ自然と染み込んでいくような構成を心掛けていて、そういう意味でも前回も今回も評判が良かったので、今後恒例メニューになるかも!?

★最後に、各セクションで分奏でやったことを全員の前で演奏を発表することとなり、弦楽器は前回に続いて課題曲のアイネクライネの一楽章。管楽器はパートごとに分奏の中で必ずとりあげるその日のデュエットやトリオなどの発表。 

 人前で演奏する緊張と楽しさを体感してもらうのはもちろんのこと、演奏前には必ず子どもたち自身で曲目紹介をすること、演奏前と演奏後は聴いてもらう人たちにたいしてきちんとお辞儀をすること、また聴く側は仲間が演奏するのをきちんと聴いて拍手をすることを、毎回心がけて指導することで、自然と演奏を聴いてもらうための心がけや、舞台マナーなどが身につくようにするのが目的。

 前回はぎこちなかったのが、子どの適応力は素晴らしく、今回はもう堂々としたもので特に上がったりする子もいないのが現代っ子なのか(^^;

★まだSJPOの練習が始まって一か月にも満たないが、すでにメンバーの成長が目に見えてきていて次回練習も楽しみo(^^)o

♪♪♪

★練習終了後、フルートトレーナの梨恵ちゃんと、演奏サポートスタッフO氏と、ばる道でランチ。美味しいワインと食べ物に、音楽ネタやその他の話も弾み、気づいたら16時近くになっていたのだった(^^;

【以上】

|

« 横浜国立大学管弦楽団第102回定期演奏会 | トップページ | 妻とランチat御徒町「きどや」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュニアオーケストラSJPO第3回練習:

« 横浜国立大学管弦楽団第102回定期演奏会 | トップページ | 妻とランチat御徒町「きどや」 »