« 今日から6月/ジュニアオーケストラSJPOのHP | トップページ | 狡猾な(?)こっそり値上げ »

2014年6月 2日

28年前のYNU(横浜国立大学管弦楽団)定期演奏会

★今でもYSE(横浜シンフォニックアンサンブル)で一緒に吹いている大学オケの先輩のM氏が、ご自身のfacebookのニュースフィードになんと28年前の横国大オケ第47回定期演奏会の写真をアップされていた!

 私が大学2年だった1986年12月の本番で、私が演奏会での初トップで、それもいきなりメイントップでマーラーの交響曲第一番の巨人だった・・・。

♪♪♪
★【横浜国立大学管弦楽団第47回定期演奏会】
■日時:1986年12月9日(火)18:30開演
■茅ヶ崎市民文化会館大ホール
■指揮:林 紀人
■曲目:ベートーヴェン:エグモント序曲
        フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」前奏曲
        マーラー:交響曲第1番「巨人」
♪♪♪
★当時はホルンパートが大学院生から1年生までなんと12人も在籍していたのだが、当初マーラーのパート割をホルン7本+アシ1本で予定していたはずなのに、当時のトレーナーI先生が「どうせなら最後だけでもホルンパート全員乗ってしまったら!?」という一言で、どこかの音楽祭のようなすごいことに!(笑)

 4楽章の最後は、ホルンは12人全員でスタンドプレイ&ベルアップ!というのも壮観で楽しかったなo(^^)o

 楽器の上げるタイミング、ベルアップの角度などは練習して揃えたのだが、いかんともしがたかったのは、パート員の身長差!

 190cm近い人から150cmそこそこの女性までいて、しかも身長とパート割はまったく関係ないので、結果的にでこぼこだったのはご愛嬌!(^^;

★そのときは、メイントップいきなりだと緊張しそうなので(?)サブ曲のヘンゼルとグレーテルの3rdも吹かせてもらっていた。

 さらに楽器は伯父からハンスホイヤーのB♭シングルを借りて吹いていたんだな、なんてことも思い出す。

★通常は大学3年生の代が責任学年なので執行部はもちろん、メイントップも担当されるのだが、一つ上の先輩が大学でホルンを始めた方でさすがにマーラーは厳しいとのことで、大抜擢(!?)でお鉢が回ってきた。

 先輩方に一人混じってトップ練とか分奏とかあって、ドキドキビクビク(?)しつつも、がんがんに鍛えられたおかげで、その後のオケプレーヤーとして本当に貴重な経験をさせてもらった思い出の演奏会でもあったな。懐かしい・・・(^^;

★そんな現役オケのYNU(横浜国立大学管弦楽団)も、先月奏と聴きに行った定期演奏会がなんと第102回!というのだから四半世紀以上も経った時間を感じさせられる。

 現在続けている社会人オケも本当に楽しいのだが、やはりその演奏会で完結する大学オケはまったく違う格別の楽しさがある。娘たちもできればそういった楽しさや大変さも経験してほしいなと思うが、はたしていかに・・・(^^;

【以上】

|

« 今日から6月/ジュニアオーケストラSJPOのHP | トップページ | 狡猾な(?)こっそり値上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115464/59758805

この記事へのトラックバック一覧です: 28年前のYNU(横浜国立大学管弦楽団)定期演奏会:

« 今日から6月/ジュニアオーケストラSJPOのHP | トップページ | 狡猾な(?)こっそり値上げ »