2014年6月15日

【ジュニアオーケストラSJPO】長田先生の初合奏!

★朝から品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラの練習。
この日は長田先生の初tutti。
前半は分奏となり、長田先生のご指導でアイネクライネと劇場支配人の弦分奏、私が管分奏の指導を担当することになり、後半は管楽器も加わってモーツァルトの劇場支配人の合奏。
やはり合奏は子供たちの気合の入り方も違う(^_^)

★休憩後、いよいよモーツァルトの劇場支配人序曲の長田先生の合奏
まずは、最初から最後まで通してみました。ほどんどの子どもたちにとっては記念すべき初めての自分たちが奏でるオーケストラの響きで、音を出した瞬間の子どもたちの驚いたような嬉しそうな顔が本当に印象的。

 一度通した後は、全体共通で気をつけるべきこと、弦楽器のフレーズの弾き方や、管楽器の音の形の合わせ方など、合奏において必要な基礎的なことを中心に、じっくりと何度も繰り返しながらの合奏となる

★SJPOの記念すべき初合奏は、弦のメンバーは管楽器の音が聞こえてくることに、管のメンバーにとっては、弦楽器の響きと一緒に演奏することに、大きな感動と喜びを感じられたようで、大きな刺激と思い出になったのではないだろうか。

   練習終了後に、口々に「楽しかった~!」「感動的だった!」と目を輝かせて話す子どもたちの様子に、運営スタッフ一同も大きな励みになる、また見学の保護者の方々にとっても、子どもがオーケストラで演奏する姿が感動的だったようで、終わった後にスタッフにわざわざお礼を言いに来られる保護者も多数!(^^)

 次回の合奏に向けて、またきちんと練習を積み重ねていこう!(^-^)V

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日

周年行事打ち合わせ~音楽部保護者会~部活見学

 朝5時半に朝帰りして(爆)、2時間睡眠で朦朧とした頭で子どもたちに朝食と弁当作って学校へ送り出して、一休み・・・なんてできるような予定が組まれているわけがない。

 午前中は隣のH川小学校のPTA会長と副会長さんと80周年行事の打ち合わせ。9年前に私が立会小で80周年行事をやっているとのことで、アドバイス(!)をすることになってのこと。会場は祝う会の実行委員長の方が経営しているレストラン。

 みっちり話し込んでそのままランチが出てくるというのはなんという地の利の良さだろう!?(笑)
 店長お勧めのローストビーフ丼なる名物メニューやコーヒー、デザートまで御馳走になってしまったのだった(^^;

♪♪♪

 午後は娘の中学へ行って、美音が所属する音楽部(=吹奏楽部)の保護者会。一学期の様子や、夏のコンクールについての説明、二学期以降の予定など。

 金賞とは縁のなかったこの中学校は今年はひょっとしたら?という期待を抱くところまで手ごたえを感じているとの顧問の言葉に保護者一同も否応にも気合いと期待が高まる。

♪♪♪

 その後は保護者向けの部活見学会。ちょうどタイミングよく外部講師の方の合奏。確かに先生のおっしゃる通り、良い感じで仕上がってきている。

 

美音がずっと話していた8小節のトランペットソロも初めて聴くことができたがなかなか上手い。平日は放課後から、休みの日は朝から夜まで楽器漬けの毎日を楽しく過ごしているようで何より。本番に向けて悔いを残さないように頑張ってほしいなo(^^)o

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日

金管バンド指導のお手伝い

 昔から指導のお手伝いをしている立会小学校の金管バンドを指導されている校長先生が今日明日出張とのことで、金管バンドの保護者から依頼されて7時からの朝練指導に出かける。

 最初に一緒に吹きながらの基礎練の後、「聖者の行進」「ザッツ・ア・プレンティ」の合奏指導。7時50分にもう一人の指導者である音楽のT先生がいらっしゃるまでみっちり曲を練習して速攻で会社へ向かう(^_^)

 こういうのは自分のテンションも思いっきり上げて臨むのだが、そのまま朝からアドレナリン全開で仕事に入るのは良い効果なのかも!?(^_^;

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日

ジュニアオーケストラSJPO:下振り初tutti

★この日はジュニアオーケストラSJPO(品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ)の第5回練習で、木管トレーナーとして、フルート奏者である篠原梨恵先生を招く。

★最初に課題曲のモーツァルト「劇場支配人」序曲を全員で鑑賞して、分奏前に曲のイメージを持って練習に臨めるようにして、弦/木管/金管の3つに分かれての分奏。

木管楽器は梨恵先生の分奏
 オーケストラのチューニングや、ユニゾンを合わせることをじっくり学ぶ。さらにモーツァルトの曲の中の和音を取り出して、自分のパートが響きのどこにいるのか、音を確かめながら確認作業。

 最初は自分のパートを音にすることばかりになっていたメンバーたちも他の楽器と一緒に吹くことによって少しずつ響きを作ることを感じられた様子。

★弦楽器は、課題曲が劇場支配人だけでなく、アイネクライネナハトムジークの一楽章と二曲もあるので大変!アイネクは先週までやっていたので、この日は劇場支配人を中心に練習。

 劇場支配人は音符も多く、細かい音が多いので音取りも大変なのだが、先週から今週まででみな頑張って練習してきた様子がよく表れていて、本来はTutti予定はなかったのだが、これならいけるかも!?と思い、急遽予定を変更(^^;

 一人で弾くのであればテンポが適当だったりしてもさほど影響はないが、皆で合わせると勝手にテンポを変えるのは致命傷!その一方でリズムやメロディを聴きあえると一人で弾くより弾きやすいことも分かってくるともっと楽しくなってくるということに、合わせているうちに自然と身につけてほしいものだ。

★金管楽器は私がトレーナーを務めて前半30分をみっちり基礎練&後半30分で劇場支配人を練習。今日はSさんが欠席でトランペットはKさんのみ!

 基礎練では、音の出だしを毎回集中すること、伸ばしているときもきちんと意識することを心がけさせる。基礎練の中で先週はまったくできなかったダブルタンギングが、この日初めてできるようになってものすごく嬉しそうな様子にこちらまで嬉しくなる。

 また三人で三和音を交互に役割を変えて、音程を合わせて響きのバランスを体感する練習。三音の響きもだいぶスムーズに合わせられるようになってきて飲み込みの速さに驚かされる。

 劇場支配人では音の形を意識することに重点を置いた練習。伸ばしの音、付点の形、マルカートetc。特に音を切るときに、息だけでなく、口の中の形を意識して音を処理する習慣を早く身につけさせたい。

♪♪♪

◆休憩をはさんで、全員集まってJOKERによる「オーケストラ講座」
この日はこの後初めて合奏を体験することもあるので、合奏に臨むための基礎知識。

全体の楽器の配置は以前取り上げたが、今回はパート内での並び方から学ぶ。弦楽器のプルトと並び方、管楽器のトップを中心とする並び方など、見学している保護者の方も初めて知る内容だった様子。

 そして、合わせる時にそれぞれが指揮に勝手に合わせるのではなく、まずはトップに合わせること、トップは合わせやすいようにザッツを意識すること、トップ同士が連携して合わせるために管楽器はトップが中心に配置されること、さらにはコンサートマスター(ミストレス)の役割などを説明。

 その後は、チューニングのやり方を学ぶ。オーボエがAの音を出して、コンミスが合わせて、そこから管楽器、続いて弦楽器と合わせていくのだが、そのときに小学生の弦のメンバーが「うわ~、本当のコンサートみたい!」と感激していたのが微笑ましい。

♪♪♪

◆最後の15分で、私が下振りを務めていよいよ初めての劇場支配人の合奏!
 時間も短く、冒頭のから1分程度の部分までだけだったが、それでも今まで分奏しか経験してこなかった子どもたちにとって、少人数とはいえ初めて体験する管弦楽の響きの中で自分たちが演奏しているという事実が、子供たちにとって大きな喜びとなって、来週の長田先生の初Tuttiに向けて、練習するモチベーションに繋がった様子に何より。

 来週はいよいよ長田先生が登場して初Tuttiなので、とても待ち遠しいo(^^)o

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日

中学校の運動会のチーム分け

★先週末24日(土)の娘の中学校の運動会だが、例年は普通の学校のように3学年を縦割りにして、2チームもしくは3チームの対抗戦だった。

ところが今年は8年(中2)と9年(中3)は2クラス、7年(中1)は3クラスということで、普通にクラスを分ければ良いものを、学校側は何を血迷ったか、クラス対抗にするために、クラスで一チームにしてクラス対抗で学年ごとに優勝を決めるというおかしな開催方法となった。
 すなわち、7年の3クラスのうち1クラスが優勝、8年、9年は2クラスのどちらかが優勝ということになる。

★クラスの団結を高めるため、とのことらしいが、その結果何が起こったか。
まず自分たちの学年以外の競技はほとんどの生徒は無関心。自分たちの学年の中の勝ち負けしか気にしなくなる。

 保護者も今までは自分の子どもの学年でなくても、チームを応援することで盛り上がっていたのだが、こちらも自分の子どもの学年以外はどうでも良い状態。保護者からも大ブーイング。
応援合戦もろくなものがなく、子供達は一生懸命やってはいるものの、皆が期待している運動会としてはもう一つとなってしまったのは本当に残念。

 こうなることは少し考えれば誰でもわかることで、反対意見もあったはずなのに押し進め、こんな形の結果となってしまった・・・。

★もちろん当日は生徒も先生方も本当に一生懸命やっていたし、保護者も一生懸命応援していただけになんともやりきれなかった・・・。

 精一杯練習した成果を発揮することが一番大事なことで、これはできていたと思う。しかし同じくらい人を応援することも大事。学年交えたチーム対抗はそういう効果も考えてのことだと思うし、学校全体の一体感として盛り上がるのだが、ここがどうしても自分たちの学年だけに興味が集中して他の学年を応援しない結果になってしまったのはやはり失敗と言える。

 この方法を取るなら、せめてきちんと他の学年の協議を応援する指導をすべきだったと思う。競技自体はどれも素晴らしいものだったので、学校側はこの結果をきちんと受け止めてさらにより良いものにするために、来年以降はぜひとも自分たち以外の競技も応援しあえるような形で開催してほしい。

 運動会自体は良かったのであれこれ言うのもどうかと思ったが、期待と希望を込めてあえて辛口意見ということで・・・。

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日

EDIX初日

★ICT教育関係の最大の展示会である、教育ITソリューションエキスポ(EDIX)が、お台場のビッグサイトでこの日から3日間開催される。

 朝、集合して最後の動作確認とスタッフの確認を行っていよいよスタート。
しかし外は大嵐らしく雨と風がハンパないこともあり、昨年に比べると客足が少し落ちている感じがするが、ブースに訪れる方々は本気で情報収集や機種選定に来られている人が多く、こちらも嫌でも気合いが入る。

 全体プレゼンは我々専門チームでなく営業メンバーに何日も練習してやってもらっていた。最初はぎこちなったのが2、3回ほど繰り返すと皆慣れてきてスムーズになってくるのに感心させられる

★そしてあっという間に初日終了。
とりあえずスタッフ全員で記念撮影

 他の企業のブースは初日が終わって、かなり厳しい雰囲気で反省会を開いて明日に備えようとしているのに、我々のブースだけまったく雰囲気が違ってめちゃ明るく、学生サークルの文化祭か何かのノリのようなのはどうしたものか・・・(笑)

★明日は終了後は時間がなく、最終日は大阪と福岡営業のメンバーはそれぞれ帰らなくてはいけないので、この日に決起集会と打ち上げ(!)を兼ねた懇親会へ。
各営業所から集まってきていて、普段顔を合わせる機会もない上、一日みっちりチームで動いていたので、盛り上がりも楽しさも格別!

 明日からも頑張ってしっかり次につなげていこう!o(^^)o

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日

10年目の校区外部評価委員委嘱式

★今日は代休。
といっても午前中は家で仕事&打ち合わせ、昼からは区役所へ行って今年で10年目となる品川区校区外部評価委員の委嘱式、15時半から品川ジュニアフィル関係で教育委員会の部長さんと課長さんと面談、夕方は次女の中学PTAの歓送迎会&懇親会と結構びっしりなのはいつものことか・・・(笑)

★区役所での委嘱式は何度か出ている。今年で外部評価委員もなんと10年目となる。毎年ただ聞いているだけだったのだが、今年は違う。昨年度の立会小の外部評価委員会のときに、外部評価方式の改悪(!)に外部評価委委員長も含めてかなり憤慨したので、最後の質疑応答で質問をしてみた。

一昨年までは学校の自己評価に対して、外部評価委員が外部評価を別に行い、その評価のギャップを学校との話し合いでよりよい改善に繋げていたのだが、昨年度から外部評価委員は自分たちで学校の評価を直接するのではなく、教員の自己評価に対しての評価をするというわけ分からない方法に変わった。

実際に質問をすると、あとで課長さんが説明をしにきてくれた。通常は外部評価委員は学校をよく知らないことが多く、評価をしにくいということで変えたとのこと。評価をしにくいのなら学校を知る機会を増やすなどきちんと評価ができるように変えればよいものを、本末転倒の変更をしていくのはなんだかな・・・。

担当者レベルではどう考えているか分からないが、10年務めている私にはせっかくの良い制度がだんだん骨抜きにされていくように感じられてしまうのが気のせいだったら良いのだが・・・。

私は私でやれることをきちんとやるだけなので今年度も頑張ろう(*^-^)



中学PTA歓送迎会編へ続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日

美音の中学の家庭訪問

★今日は代休を取っていたのだが、午後に美音の担任の先生の家庭訪問があった。いまどき家庭訪問?しかも中学で?と驚かされる。奏のときはなかったのだが、2年くらい前からあるらしい。

 迎える方も家に来られるとなると緊張するのだが、美音の担任は去年新任で来られた昨年と同じ担任の先生。

まずはお通しして「飲み物はビールでよろしいですか?」としれっと言ってみたら「いえいえ、とんでもない、仕事ですので・・・」とドギマギされながら真面目に答えられてしまった・・・(笑)

 肝心の内容は比較的良いことばかりで特に問題がなかったようでほっとする。しかし一昔前なら自分の家が最後なら本当にビールでも出したところだがなかなかそういうことのできない世の中になったものだ(^^;

★さて美音は明日から一泊で開催される軽井沢MGに参加するということで、今晩から前泊となり奏と二人。どこかへ食べに行こうかと思いLINEで訊いたら妻までディナーに参戦したいとのことだったが、奏は夜にバイオリンレッスンがあり三人ディナーは断念。

 結局奏のリクエスト通り野菜とベーコンのペペロンチーノを作って父娘水入らずのディナー。たまには二人と言うのも良いな。(^^)

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日

YSEキックオフパーティat馬太郎

★先月末から次回演奏会に向けてYSE(横浜シンフォニックアンサンブル)の執行部会が開かれ、来年1月の演奏会に向けて動き出した。それを受けて、毎年恒例の指揮者を囲んでのキックオフパーティ(≒ただの宴会)が開催された。

今期は常任指揮者の久志本先生が指揮をされるので、先生のお気に入りの五反田のお寿司屋「馬太郎」での開催。

馬太郎のオーナーとは数年前のPTA会長仲間というつながりでかなり色々サービスしていただいているのだが、肝心の私が仕事で遅くなり、19時半始まりなのが、私が到着したのが21時半頃。オーナーの好意で飲み放題も閉店まで!ということにしてもらっているので、遅れを取り戻すべく頑張れたのは不幸中の幸い(爆)

 久志本先生は遠方からいらしていることもあり、ほとんど私と入れ違いにお帰りになられてしまい、お話ができなかったのが残念。

★ところで二階の座敷の半分を貸し切って盛り上がっていたのだが、22時頃からもう一組予約が入っているとのこと。時間になってぞろぞろ入ってきたメンバーをみてびっくり!なんと小P連の研修部会の会合後だとか。知っている顔がたくさんいて懐かしかった。せっかくなので小P連研修部の皆で記念撮影(^^)V

★当然負けじと(?)YSEメンバーも皆で記念撮影。お互いのグループを私が紹介したらメンバーも結構入り混じって異業種交流(!?)の様相を呈しているし。最後はなんだかわからない盛り上がりになったが、楽しい会だったo(^^)o

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日

【立会小PTA】品川フェスティバル木管五重奏団コンサート

★先月15日に本番だったはずが、大雪でこの日に延期になった品川フェスティバル木管五重奏団のコンサートがこの日開催された。

 このイベントは、私が会長に就任した9年前に、H校長から「本物の音楽を子供たちにPTAからプレゼントしてくれないか」の一言で始まった。

 最初の年は副会長の一人がたまたまピアニストの神谷郁代さんと知り合いだったこともあってピアノリサイタルとなった。二年目はアイルランドの音楽、そして三年目は私の音楽仲間を集めたオーケストラコンサートだった。

★昨年度は私の会長最後の年ということもあり、5年ぶりにオーケストラコンサートを開催して引退!と思っていたが、今年もまた依頼があり木管五重奏コンサートとなった。

 朝8時過ぎに集合して簡単なリハを行い、いよいよ本番・・・の前に皆で気合いを入れる意味で記念撮影(^^)。

★体育館では、びっしり埋まった児童のすぐ前にひな壇を組んで、児童とより一体感を生み出せるようにする。

 近くで楽器をみてきらきら輝いた目で乗り出してくる子供たちがすぐ近くにいるので、こちらも嫌でも気合いが入る。

★音楽の先生の紹介&校長挨拶の後はMCも担当。子供向けの言葉でありながら、しかし媚びずに楽しませるのがJOKER流。

 また演奏しているメンバーとも雪の順延のおかげで3カ月近くやってこられたのも幸せな体験だった。終演後割れんばかりの拍手だったが、一番楽しんだのはやっぱり私だったかな・・・o(^^)o

 

最後の花束贈呈で他のメンバーだけでなく私にまでもらえたのも嬉しかった。昨年までは運営側だったから私への花束は辞退していたし(^^)

 低学年向けと高学年向けの2ステージはかなりきつかったけど子供たちに楽しく思い出に残る演奏会になったと思いたい。

★終演後にケーブルテレビ品川のインタビュー。カメラの方とも朝から色々とお話しさせていただいていたが本当に素晴らしい方で、インタビューの呼吸もばっちりだった(^^)

♪♪♪

★撤収後は、西友で皆が買い出ししてきて我家に集合してワインで乾杯!本当に練習から含めて楽しい時間を共有できた仲間だったな・・・。

 そのままだらだら飲んだり食べたりしつつ、夜は買い物を終えて戻ってきたS氏と私の二人で男のシチューを作って引き続き宴会。仕事を終えたH見氏も合流してまた賑やかに盛り上がる

★終電で男性陣二人が帰ったが、Nao姫とyoko嬢に奏と美音も加わりそのまま宴会を続ける。当初はyoko邸に二人は行くはずが結局そのまま朝まで。話も盛り上がるが、Nao姫の「どうにでもして」事件もあり熱い夜が更けていったのだった・・・。(笑)

【以上】

| | コメント (0) | トラックバック (0)